医療再編とネットワークの関係

 

「うおぬま・米ねっと」は、魚沼医療再編の一翼を担うシステムです。

魚沼医療再編では、平成27年6月に予定されている「新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院(以下「魚沼基幹病院」という。)」の開院に伴い、既存の県立小出病院、県立六日町病院は新たに市立病院として建て替えられます。また、ほぼ同時期に県立十日町病院でも改築工事が行われます。地域の中核的な病院の大部分が整備される大規模な医療再編となります。

この医療再編により、魚沼基幹病院は高度医療の提供とともに、研修・研究機能の充実を通して多くの医師を全国から集め、周辺病院への医師派遣機能を担うこととしています。一方、新たな市立病院等の周辺病院は初期医療や慢性期・回復期の医療を提供し、住民に身近な医療を担います。

しかし、個々の病院機能を整備するだけでは効果は限定的であり、効率的な医療提供体制を構築する今回の医療再編の目的は果たせません。医療機関が役割分担を明確にして他の医療機関と連携し、住民もその役割分担を理解して適正に受診することが必要となります。

「うおぬま・米ねっと」は、医療機関の役割分担と連携をサポートし、魚沼地域の限られた人的な医療資源(医師・看護師など)を有効に活用できる環境の整備を推進します。

魚沼医療圏の特性

平成25年度末現在では、魚沼圏域内には救命救急センターがないため、重篤な患者さんを最寄りの救命救急センター(長岡赤十字病院)に搬送するまでに、1時間以上かかる地域があります。また、初期・二次救急医療体制も十分に整備されていないため、特定の病院の勤務医の負担が大きくなっています。

高度医療については、放射線治療や地域周産期医療を担える医療機関が圏域内にないことから充分な医療が受けられない状況にあります。

また、圏域内に多くのスキー場があるため、冬になるとスノーボード等によるスポーツ外傷が多発します。

以上の課題は、平成27年6月開院予定の魚沼基幹病院において対応する予定となっています。

医師不足の現状

人口10万人当たりの医師数(平成22年)は、全国平均230.4人、新潟県191.2人となっています。医師数が全国平均より少ない新潟県において魚沼圏域は最下位の122.1人となっています。