うおぬま・米ねっとは平成26年4月から稼働しています。

共有される情報について

共有される情報は、氏名、生年月日、住所などの基本情報に加え、医療機関での診療方法や健康診断情報、介護施設での介護記録などです。

「米ねっと」カードを提示した医療機関・介護施設での診療情報や介護記録のみが共有されます。

カードを提示しない医療機関・介護施設では、診療情報や介護記録の共有ができませんので、利用するすべての医療機関・介護施設でカードを提示してください。

※米ねっとカードを提示した日以降の診療情報・介護記録が共有されます。

※救急搬送時には、米ねっとカードを提示していない医療機関でも、診療情報・介護記録を参照することがあります。

「米ねっとカード」の役割

米ねっとを利用するためには、加入時に米ねっと事務局で発行する「米ねっとカード」が必要となります。尚、カード自体には診療情報や介護記録は登録されていません。

このカードの役割は下記のとおりです。

  1. 「米ねっとカード」を医療機関で提示することで、その医療機関での診療情報の共有を許可することとなります。
  2. 救急車搬送時、米ねっと加入者である目印になります。搬送先の医療機関が米ねっとに登録されている診療情報(検査情報・処方情報など)・介護記録を参照することにより、搬送される患者さんに対して迅速に適切な治療を開始することが期待できます。

その他必要事項については、利用規約をご確認ください。

米ねっと紹介動画

うおぬま・米ねっとご紹介動画(6分4秒間)