うおぬま・米ねっと

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. お問合せ・よくある質問
  3. よくある質問(医療機関向け)

よくある質問(医療機関向け)

問1:参加申込みから情報共有開始まではどんな流れですか?

既存の機器や配線の調査後、米ねっとの機器を設置してテストします。

参加申込み後、設置環境の調査を行い、接続ができることを確認して機器の設置を行います。費用負担を抑えるために、できるだけ既存インターネット回線を利用するよう検討します。既存の回線が利用できない場合または回線がない場合は回線のご用意をお願いします。その後、機器を設置し、使用についての説明を行います。
平成25年12月からテスト運用を行い、平成26年4月1日から本稼働の予定です。

問2:参加すると、どんなメリットがあるのですか?

カードを提示した患者さんの診療情報を共有して参照できます。

検査結果、処方・調剤情報などについて、他の医療機関の情報を参照できるようになります。病院への紹介状、逆紹介なども支援ツールにより簡易に行うことができ、保険薬局での調剤情報も閲覧できます。被災時には診療情報のバックアップ機能としても期待でき、医療活動を支援することができます。

詳しくは、パンフレットをご覧いただくか、米ねっと事務局にお問い合わせください。

問3:参加経費はどれ位かかりますか?

参加申込医療機関の設置場所の環境や時期により異なります。米ねっと事務局にお問い合わせください。

平成25年12月1日までの申込みについては、OD‐VPNアダプタ、専用端末(ノートPC)等の必要な機器の用意と設定を米ねっと事務局で行います。それ以降の申込みは、機器及び設定費用は医療機関でご負担いただきます。状況によっては、配線工事負担が生じます。経常的には、インターネット回線使用料のご負担と平成26年4月からの会費が必要です。詳細については、米ねっと事務局にお問い合わせください。

問4:「うおぬま・米ねっと」に接続するにはどんな環境が必要ですか?

インターネット回線、接続用のLANケーブル、電源と設置場所があれば接続できます。

設置場所(診療所内)にインターネット回線があることが前提条件になります。インターネット回線がない場合は、医療機関でご用意をお願いします。また、既設置の回線終端装置から設置場所までの配線工事が必要の際は医療機関でご負担いただきます。
既存機器の接続状況によっては、新たにハブをご用意いただくこともあります。

問5:参加すると入力作業などの負担は増えますか?

レセコンや既存のシステムから自動取得するので、少ない負担でデータ取得ができます。

検査結果、画像情報、処方・調剤情報などの大部分はレセコンや既存システムから自動取得させて、データ入力などの手間を極力減らすようにシステムを構築しております。ただし、一部のシステムは自動連携ができないものもあり、また、電子データが存在しない情報もあることから、手入力の部分も存在します。自動連携するシステムの種類等については、米ねっと事務局にお問い合わせください。

問6:いつからのデータが参照できますか?

紐付け作業が完了すると、それ以降の診療情報が共有され、参照ができるようになります。

患者さんが「米ねっとカード」を医療機関で提示し、紐付け作業が完了すると、それ以降の診療情報がネットワーク上で共有されることとなります。また、その患者さんが他の医療機関でも紐付けされていると、その医療機関での診療情報も参照できるようになります。
なお、紐付けする前の過去データは共有することができません。

問7:「うおぬま・米ねっと」の操作不明やトラブルのときのサポート体制は?

操作方法の照会やトラブルの際は、ヘルプデスクが対応します。

稼働前に米ねっとの操作講習会などを開催します。稼働後も魚沼地域専用のヘルプデスクで米ねっとについての照会やトラブルに対応します。電話での対応は平日の午前9時から午後5時まで受け付けします。メールによる問合せは24時間受付けていますが、問い合わせが午後5時以降の場合の回答は翌営業日以降となります。

問8:機器やソフトを更新するとき、どうなりますか?

設定環境で異なります。米ねっと事務局に連絡をお願いします。

診療所の機器変更やソフトのバージョンアップ、新規導入をされるときは、ネットワークシステムが稼働しなくなることがあります。機器更新などの検討予定がありましたら、早めに米ねっと事務局にご連絡をお願いします。

問9:「うおぬま・米ねっと」参加をやめることができますか?そのとき費用はどうなりますか?

参加は自由な意思でやめることもできます。

参加は自由な意思でやめることもできます。違約金等の請求はありませんが、導入時にレセコン等を自動連携のためにシステム改修した場合は、元に戻す費用が発生する場合があります。この費用は医療機関でご負担いただきます。
また、米ねっと事務局から貸与した機器等はご返却いただきます。機器等を自前で調達いただいた場合には、「うおぬま・米ねっと」関連のアプリケーション等は削除させていただきます。
なお、「うおぬま・米ねっと」は魚沼地域で安全な医療を提供するために、より多くの医療機関と住民から参加いただくことで効果を高めていく仕組みですので、できるだけ参加を続けていただくようお願いします。

問10:対象外区域の医療機関や歯科診療所・福祉施設などは参加できますか。

現在、対象外区域や歯科診療所・福祉施設の参加はできませんが、将来的には参加できるよう検討します。

参加できる医療機関は、十日町市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、津南町にある病院、診療所、保険薬局のみとなります。 今後、区域外や歯科診療所・福祉施設などの参加について検討したいと考えています。

最終更新日:2013年7月19日




  
ページのトップへ